Read more

学校のペースに合わせる必要はない

中学に入り、中学受験でどこか合格した人は学校の授業の進度がそれなりに早いこともあり、学校のペースに合わせていけば十分だと思っていますよね。でも、それが大きな間違い学校のペースに合わせる      ↓どこかでつまづく      ↓学校のペースから遅れる      ↓苦手科目完成!一度遅れてしまったらなかなか取り返せないもの。だとしたら、勉強のペースを変えてみましょう学校よりも常に先取り      ↓先取...

Read more

国語難民救済復興計画 2

国語難民救済復興機関 (通称:RWAK) -Relief and Works Agency for KOKUGO Refugees-による国語難民(うちの息子)を救うための活動その2が新たに開始されました。中学受験時、絶対的な文章構成力不足からくる論述力の欠乏が深刻なレベルにまで達しておりました。元はといえば、息子が小さいときに手紙を書かせたり、お話を作らせたりすることが子の情操教育にとってたいそう素晴らしいものであるという理屈は知ってはいたも...

Read more

NewTreasureの英単語を攻略する!

NewTreasureでは、中1で扱うStage1ですら1200もの新出英単語が出てきます。これだけの数ですから、出てきた英単語はその都度覚えていかないと収拾つかなくなります。ここで、以前ちょっと紹介したQuizletの登場です。いくつかある単語帳アプリの中でも発音が学べて自由に登録出来て、Android、iPhone、PCのどれでも使えてとなるともうこれ1択しかありません。機械音声ではありますが、かなり正確できれいな発音が同時に学べます。...

Read more

わからないのはあたりまえ 2

では、前回の続き。一度や二度読んだくらいでわからなかった科目ができるようになると考えることが間違いという話でしたね。そうです。とりあえず10回読みましょう!ふざけんな~。( `ー´)ノというみなさんからの罵声が聞こえてきそうですね~。もう見る必要ないと、この記事から他に飛ぼうとする前に10回読むということはどういうことかを考えてみましょう。10回読むんです。10回目に理解できればいいんですよ。1回目や2回目で...

Read more

わからないのはあたりまえ

苦手な科目は、参考書を読んだり問題集を解いてみてもわからないことが多くて嫌になってしまうことが多いですよね。「この参考書が悪い!もっとわかりやすいのに買い替えようっと!」と本のせいにしたり、挙句の果てには、「あのハゲの授業がちっとも面白くないからだよ~!(*´ω`)」と、学校の先生のせいにしたりします。私に言わせれば、「1回やそこら読んだくらいで、わかると思ってるのがおかしい!」のですが、そうは思わな...

Read more

ルーティン化の重要性

システム化(ルーティン化)は大事!('ω')ノ勉強のやり方が細かくシステム化されていればあとは毎日、淡々と続けるだけで成績は上がってきます。成績が上がれば勉強することが苦ではなくなり、勉強に‘はまる‘ことができるのです。どのようにこのシステムを構築するか?これが受験勉強の最大のキモになるのだと思います。これを受験生が自分自身の経験から見つけようとすると試行錯誤しているだけで、大学受験を迎えてしまいます。...

Read more

チャート式 2回目以降のやり方

昨日から『チャート式体系数学1代数編』は2回目に入りました!2回目の具体的なやり方ですが、まず、153問ある例題(3訂版)の中から前半の約70問に関して手を止めずに自力で最後まで簡単に解けそうな問題と解けなさそうな問題に分けさせました。ところで、4訂版が出ているのになぜ3訂版を買ったかって?そりゃ、中古で済ませたからに決まってます。(*´Д`)左が3訂版。右が4訂版3訂版でも新学習指導要領に対応しているので問題...

Read more

入学前の春休みを制する者は中学3年間を制す

小学校の卒業式も終わり、新しい段階に進むことになったみなさん、おめでとうございます。とはいえ、小学校卒業のように生きていれば誰でももらえるものに意味などありません。しかも、単なる通過点。と厳しいこと言っておかなければいけないのには理由があります。中学生になると算数は数学と名前を変え、英語は小学校でやってたようなお遊戯的なものからきちんとした授業に昇格することになります。小学校までやってた算数や英語...