FC2ブログ
Read more

暗唱力がどんどん加速するわけ

息子は昨日でニュートレジャーのStage2の教科書暗唱がすべて終わりました。学校で配られたシラバスによると、Stage2は中3の1学期末まで使うことになっているので、1年半以上先取り学習完了です。現時点ではStage1、Stage2ともにすべて和文を見れば英文がすべて言える状態。7割ほどは挿絵とタイトルを見ただけで英文を再生することができるようです。以前も書きましたが、暗唱力はどんどん加速します将棋指しは棋譜を短時間眺め...

Read more

なぜ、子猫の画像ばかりなの???

このブログ、大半の記事に子猫のフリー画像が貼り付けられています。なぜ?という質問を頂いたのでちょっと説明。別に猫が好きとか飼っているからということではありません。息子はかなりのネコ好きですが、私はイヌ派。ブログランキングトップの人のブログに猫画像が大量に貼られているのですが、それにあやかったというのが正直なところ。あと、もう一つの理由として、私の口が悪すぎるからということもあります。かわいい子猫の...

Read more

速聴の有効利用

速聴学習…速読以上に胡散臭い雰囲気が出てくるような気がしますが、私個人としては速聴は積極的に活用していくべきものと考えています。速聴学習というのは、1時間の講義のテープや動画があるとして、それらを倍速再生することにより、40分や30分といった短時間で聞いてしまう学習のことを言います。資格試験業界ではごく当たり前のように使われていますね。日中仕事を持つサラリーマンが、短時間で学習をするには欠かせません。...

Read more

速読教室の無駄

最近、あちこちの塾で見かけるようになったのが速読講座。パソコン一つでトレーニングさせられますから、簡単に個人塾でも導入できるのでしょう。私も速読に関してはかなり昔から力を入れてやってきました。もともと読むスピードは普通の人の倍くらいはあったのですが、さらなるスピードを求めていろんな練習をしてきました。やった経験から言いますと、受験には役に立たない!必要ない!例えば、10ページ分の情報のうち、5ペー...

Read more

現代文 ~選択肢のワナに引っかからない解き方 後半~

では、昨日の続き。消去法の罠に引っかからないようにするには…ということですが、その方法とは、選択肢を見る前に、記述式問題だと思って問いの答えをある程度検討をつける!これが極意です。5択の問題であれば、5つのうち4つは間違いの肢となります。間違えた4つの肢を見るから引っかかるのです。間違いの肢を見る前に、自分なりの解答を導き出しておき、その解答に近いものが選択肢の中にあれば、それを解答の第一候補とす...

Read more

現代文 ~選択肢のワナに引っかからない解き方 前半~

現代文は一問あたりの配点が非常に高く、選択問題であれば、部分点もない。正直なところ、一問たりとも落としたくないですよね。解説を読むと、「あ~、そうなるのか~。」と納得できるのに、試験を受けてるときには間違いの選択肢に騙されてしまうことがしばしば。文章が難しすぎて、何を言ってるのかわからない場合を除けば全然解けない!ということはあまりないはずなのですが、でも、できない。今回はその対処法の一例を説明し...

Read more

授業が無価値になる時代に求められる塾の役割

テレビで、勉強サプリやTRY it!のCMをよく見かけますよね。スマホさえあれば、勉強サプリは月1000円、TRY it!は無料で授業を受けることができます。勉強サプリのリクルートはいいとしても、家庭教師のTRYがなぜ、自分で自分の首を絞めるようなことを始めたと思います?話は簡単。ほとんどの子は、これでは成績を上げることができないからです。TRY it!に関しては単なるPR効果でしょうね。もしくは、指導力のないアルバイト先生...

Read more

重要!数学ができる人の数学イメージ

数学ができるようになるためには意識改革が必要です。上の図を見てもらいたいのですが、数学ができない人はこのピラミッドの頂点の部分、つまり基本原理と公式さえ覚えていれば、問題が解けるようになると思っています。自分が問題を解けないのは、数学のセンスがないからだともう数学を捨てる気マンマンです。確かに、数学の天才なら基本原理と公式を学ぶだけであらゆる問題が解けてしまうのでしょうね。ただ、そんな子は東大の理...