Read more

部活…

なんかね、やっぱりおかしいと思う。私は基本的に部活は肯定派。若いうちに思いっきり体を鍛えておかないと大人になってから苦労するような気がするんですよね。でも、週6とか、週7で部活やってます。朝練は週に3回。とかって話を聞くとう~む…と首をかしげざるを得ない。部活ってここまで一生懸命やる必要あるんだろうか?週3~4くらいがベストな気がするな。だって、高校受験や大学受験もあるんだよ。毎日練習するのはいいけど...

Read more

進学校の功罪

中高一貫進学校に通ってる生徒と、公立中に通ってる生徒、どちらもうちの塾にはいるのですが、中高一貫校はスピードが速く、その上、課題として出される問題の量が多いためか数学で落ちこぼれていく子が発生する割合がもともとの学力の割に高いように思います。もともと公立中に通っていれば、クラストップであったはずの子でも…。体系数学を使う以上、中1の間に検定教科書1年、2年分の内容をこなし中2では中3全部と高校過程...

Read more

たった一つ、二つわかるだけで…

「そりゃ、ここでつまづいてたら、後のところ全部つまづくよな…」中学生を教えていて本当によく思います。具体的には 3X = 5 といった方程式を解くときにX = 5分の3 としてしまっていたり、be動詞と一般動詞の区別がついていなかったりthere、these、those、they、their の区別がつかないといったごく初歩段階の抜け落ち。ここの段階でつまづいていれば、そのあとの英語・数学のテストではすべてつまづきます。数学でい...

Read more

志望校は早く決める!

公立高校受験生に多いのが「まだ志望校なんて決めてません!」 という人。うちの塾に入ろうとやってくる高校受験組の生徒全員が具体的な志望校を持たない状態で入塾してきます。私が面談で生徒とそのお母さんに必ずお話ししているのが、中3の夏休み過ぎて、学校の担任との話し合いで決める志望校は志望校とは言いません!そんな時期では、行きたい学校ではなく成績と相談して行ける学校しか選べなくなってしまいます。志望校とは...

Read more

第1回 勉強法セミナー開催しました。

そうそう、皿回し…。今日は当塾にて第1回勉強法セミナーを開催させていただきました。かなり遠くからいらっしゃった方もいて、満足していただけたかどうか不安ではありますが、話したい内容、理解してほしかった勉強のやり方など細かく説明できたのではないかと思っています。と言っても、このブログに書いてある以上のことは特にお話ししておりませんが、ほとんどのお子さんが、親御さんからの又聞きという形で間接的にブログの勉...

Read more

中1から大学受験までの英語ロードマップ 3

少々、間が空きましたが、今回は1、中学教科書レベルの英文を暗唱する   ↓2、高校受験レベルの英単語でこぼれているものを単語集で総ざらい   ↓3、高校受験レベルの英文法問題集を1冊   ↓4、高校レベルの文法、構文、語彙を習得する   ↓5、英文を精読する力を身に着ける   ↓6、どんどん長文にチャレンジしていく   ↓7、長文の読解のコツを学ぶ   ↓8、大学受験レベルの英文法問題集を1冊   ↓9、...

Read more

教えすぎると思考は停止する

私は以前より、従来の塾や学校での授業を批判してきました。そもそも塾や学校は教えすぎです。たくさん教えれば、生徒の頭がよくなると思い込んでいる。たくさん教えると、それを聞いている生徒の頭の中は思考停止に陥ります。わかりやすい授業をすればするほど、わかった気になってしまうので自分の頭で考えることを放棄してしまうからですね。これが教えすぎな授業のワナ。数学であれば、わかった気にさせたなら、かならず生徒に...

Read more

欲を捨てれば、成績は上がる

今回は数学を例にとって話させていただきますが、全ての科目に言えることです。基礎と応用を分ける!難関校に通っていらっしゃるお子さんが学校についていけなくなるパターンって、ここのところの意識不足が原因のことがほとんど。学校では課題として、基礎から応用まで一気に詰め込まれた問題集を与えて、それを解いてくるように言ってきます。基礎がまだ確立できていない段階でそういった問題集を時間に追われた状況の中、解き続...