Read more

英語でうっかりミスをしてしまう理由

テストになると、She haven't finished her homework yet.Have ever you been to New York?なんて英文を書いてしまう子がいます。他にも三単現のSを忘れてしまったり、a an theなどの冠詞を忘れるケースなど非常に多いです。これって、どうして起こるかわかりますか?学問としての英語しか身につけていないからです。主語が三人称単数形であれば、動詞にはSをつけなければいけないよね。今回は主語がsheだから三人称。で一人だから...

Read more

小学生が英検に受かる理由

小学生が英検準2級や2級に受かる理由は分かりますか?インターに通ってるから…帰国子女だから…まあ、こんな風に考える人が多いのかもしれません。もちろん、そういうお子さんの合格者が多いのは事実です。ただ、そうじゃない子がいるのもまた事実。日本で平凡な日本人の両親の間に生まれた。でも、両親は英語教育が必要なのは知っていた。それで、小さいころから英語塾に行かせられていた。そうしたら、英検準2級、2級に合格し...

Read more

なぜ英単語を書かせないのか?なぜ英文法をやらせないのか?

うちの子は英語学習の初期の段階からずっと音声・音読・暗唱という学習を続けてきました。新中1になる3月にゼロから英語学習を始めたのでだいたい1年4ヶ月経過したところです。試験前には一応、出題範囲の文法問題集を解かせているものの、それ以外の時期の学習はひたすら耳で聞き、音読を繰り返してきました。英語学習の8~9割はそれだけ。英単語だけを書かせる学習や文法を理論的に理解してもらって問題を解くという学習は 意図...

Read more

戦略の重要性

先週末は英検の一次試験の合格発表がありましたね。うちの塾でも中2の生徒が二人、英検3級に挑み、無事一次試験突破との返事をいただきました。このブログのコメント欄でも一次突破したとのメッセージを頂き、本当に嬉しく思います。おめでとうございます。現時点で3級合格できている生徒には中3の2月までに英検2級は取って欲しいですね。英検に限らず、試験合格全般に必要となるのが、合格するための戦略!です。次に狙う試験が決...

Read more

横浜市立南高等学校附属中学校の英語教育

現時点で横浜市唯一の公立中高一貫校である横浜市立南高等学校附属中学校では、通常の1年かけて1冊の教科書を学ぶという従来の常識的な授業を廃し、1年で1冊を5回転させる授業をおこなっております。その結果、中3で8割以上の生徒が英検準2級以上に合格するという異様なまでの成果を上げています。優秀な生徒が英検準2級に合格するのは当たり前なのですが、この学校の凄いところは生徒の8割が合格しているという点。落ちこぼ...

Read more

1年1冊のカメと1日1冊のウサギ

英語は徹底的に同じ長文を繰り返すのが上達のコツ。1、 意味が分かり2、 文法を理解し、3、 何度も音声を聞いて、4、 音読を繰り返すここまである程度ひとつの教材を繰り返してしまうと後の勉強は本当に楽です。スマホに音声データを入れておき、通学途中にシャドーイングします。テキストすら必要ありません。音を聞いて、音から数秒ずれた状態で発声するだけ。音楽聞き、歌詞を口ずさみながら通学するのと同じ感覚でシャ...

Read more

定期テストは関係ない!!!

当たり前のことですが、周りの人たちと同じことをしていても成績は上がりません。クラス上位5%に入りたいと思っているのであれば、クラス上位5%に入るだけのことをやっていますでしょうか?「先取り学習を進めろ!」と言っても、「今の学校のテスト勉強があるから先に進めない。」とか「過去にさかのぼって復習をしろ!」と言ってもテスト前でもないのに、「そこはテスト範囲じゃないから復習しない。」とかもう論外。そのくせ...

Read more

できる子とできない子の差(数学編)

生徒たちの数学のノートを見ているとできる子とできない子の間には明確な差があります。できる子 ⇒ 問題を解いた後、間違えたら解説と見比べて、どこでミスをしたのかをきちんと探求しているできない子 ⇒ 問題を解いた後、間違えたら正しい答えだけを赤ペンで書いてオシマイまた、解説を読んだだけでは理解ができず、私の説明を聞いた場合、その後の行動にも差が生じます。できる子 ⇒ 再度解きなおしているできない子 ⇒ 理...