FC2ブログ
Read more

文章題が苦手だという人

この問題、公立中で数学が3以下の子ですと、おそらく半分以上の人が解けません。次に、下の問題を見てください。大小2つのさいころを同時に投げるとき、出る目の数の和が4の倍数になる確率を求めよ。こちらは、かなり、基本的な確率の問題です。基本中の基本の問題なので、数学で3を取れている子であればほとんどの人ができると思います。気づいてる人も多いかと思いますが、実は上の問題も下の問題も、結局、同じことを聞いて...

Read more

努力の正体

努力できる というのは、いい成績を取ろうと思ったら絶対に必要な才能です。ただ、この努力って、本人の才能もさることながら環境や習慣 によるところが結構大きいと思います。たとえば、家ではほとんど勉強できなくても、塾ならできるという人多いですよね。図書館や、自習室でも構わないのですが、その場所に行けば、勉強を始めないといけない状況下に置かれ、勉強をしないという選択がなくなるので、仕方なくだとしても、勉強を...

Read more

マラソン大会と勉強

いきなりですが、学校でマラソン大会があったとします。絶対に1位を取るつもりで、万全の準備を整え真剣に走り続けている子もいれば、端からレースを諦めて完走すればいいんでしょとダラダラ歩き続ける子もいる。もちろん、最初はトップを取るつもりで走っていたけど、途中でアクシデントが起きて、棄権したり、疲れたと言いながら歩いてしまうなんて子もいるでしょう。学校のマラソン大会ってこんな感じですよね。全員が全員、本...

Read more

平均どまりの人とクラストップの人の差

数学において、理解は大切ただ、平均点でとまるか、偏差値65、70、75といった頂きまでたどり着けるかは理解のその先 があることを知っていて、実際に実践しているかどうかで決まります。教科書レベルの問題は全部簡単に解けますか?問題を見た瞬間、手が動き出し、解答まで止まることなく解き続けられますか?教科書レベルの問題を時間はかかったものの解けた。わからないものもあったけど、解説読んだら理解できた。こんなレベル...

Read more

2020年対策

2020年からはセンター試験が廃止され、新しい試験制度の下で受験することになります。現在の新中3生から新制度スタートですね。詳しいことはまだ見えてきませんが、特に大きく変革されることとなる英語の試験では民間の検定試験を使い、4技能試験が導入されることは確実なようです。4技能ですので、Speaking が含まれます。既に上智やMARCHの一部ではTEAPなどの導入は始まっていましたが、早慶でも、早稲田の文化構想学部と文学部...

Read more

欲張れば欲張るほど成績は上がらない

勉強がなかなか先に進まない人は、基本的に欲張り。無意識のうちになんでしょうが、基礎⇒応用⇒実戦 と順番に進みたがるんですよね。テキストの構成がどれもこれもそうなっているので仕方がないのですが、まずは一つの単元の基礎だけを仕上げるという発想がない。基礎は理解だけできたら、それでヨシとしてすぐに応用問題、実戦問題へと進み、どうにか解けたり、理解できたとしたら、この単元はクリア―として次に進んでしまう。中に...

Read more

ノートまとめ不要論

テキストや教科書の内容をノートにまとめ直すことで時間を 無駄 に使ってはいませんか?今、わざと 無駄 と大きく書きましたが、テキストや教科書の内容をノートにまとめ直すなんて本当に時間の無駄ですよ。特に、字の汚い子のノートまとめなんて二度と見ないので、何の役にも立ちません。ノートまとめを作るのであれば1、市販のまとめ教材よりも自分の作ったまとめが優れていること2、ノートを何回も見直すような学習をいつもし...

Read more

子どもに勉強させるには(各論編)

さて、どうすれば子どもが勉強するよう誘導できるかですが、キーワードは3つ、習慣化エサ撒き動機づけまず、習慣化ですが、習慣化しているからこそ、勉強するのが楽になるんですよね。たとえば、毎朝のランニングが日課となっている人と、過去十数年走ったことがない人とでは走ることに対する抵抗感が全く違います。禁煙やダイエットもそうですが、最初の3日間、1週間が非常にツラいです。この期間は効果的にエサを撒くことによっ...