FC2ブログ
Read more

音声付き教材を作る

最近、紙教材をスキャナーでスキャンし、PDFにして、さらにそのPDFに音声ファイルを埋め込むという作業をよくやってます。「音声を聞く」ことへの負担をできる限り減らしたいというのがその目的。まずは、書籍(ブックオフで購入)を裁断し、スキャナーで読み込みPDF化そして、音声ファイルを用意し、無料の『Foxit Reader』を使って、音声ファイルを挿入したいページに埋め込む。これで、該当ページをワンクリックするだけで音声...

Read more

問題集は短期集中型で!

勉強は短期集中型でやるのが一番効率良いですよ。たとえば、1冊の問題集を完璧に仕上げようとしたら、どれだけ長くても1ヶ月で1回目を終えてください。中には分厚くてとても1ヶ月では終わらないという教材もあると思いますが、そういう場合には半分、もしくは三分の一に範囲を区切って区切った部分を1ヶ月で終えましょう。そうして、間髪を入れずに二回目に突入。繰り返した回数と知識の定着度は比例します。繰り返さない限り覚...

Read more

ビジュアル英文解釈

ここ1週間ぐらい授業が終わった後、高1の息子に英語を教えています。使ってる参考書は 『ビジュアル英文解釈Vol.1』。 (画像クリックすると amazonに飛びます。)音声がついていなかったり、レイアウトが非常に使いづらい点で、敬遠する人もいるかと思いますが、中身の充実度はそれを補って余りあるほどです。音読暗唱学習で多くの英文をインプットした息子ですが、(教科書も含めると7~8冊くらい)、そのせいか、難易度が高め...

Read more

効果の高い学習とは?

下の画像を見てください。これは学習ピラミッドと言って、いろいろな学習の定着率を示したものです。上に行けば行くほど、定着率は低く、下に行けば行くほど定着率は高くなります。さすがに講義が5%ということはない気もしますが、ピラミッドの順番は実感として正しいと言えます。講義(授業を聞くだけ)  ↓読書(テキストを読むだけ)  ↓視聴覚(映像や写真を使った授業)  ↓デモンストレーション(実験の授業)  ↓グルー...