中1の1学期は徹底的に狙いに行く!


HIRA215041502_TP_V.jpg


現在、塾の新中1生には1学期の中間・期末テストを
全力で取りに行くよう指導しています。
すでに先取り学習が大幅に進んでいる
一部の子には定期試験対策を始めさせました。

中1の1学期にトップの者は、中1の終わりもトップである可能性が高い。
中1の終わりにトップであれば、中2の終わりもトップである可能性が高い。
中2の終わりにトップであれば、中3の終わりもトップである可能性が高い。


まあ、当たり前の話ですよね。 
スタートで出遅れた子は、先に進んでいる子に追いつくまでの学習をプラスしない限り
追いつくことができませんから、出遅れた分だけ確実に不利になります。
結果、中1の成績はそのまま中3まで続くことに。


スタートの時点でうまくリードできた子は自信もつきますし、
何をいつまでに仕上げれば点数が取れるということもわかりますから
その後の学習がスムーズに進むことが多いです。


そうですね、小学校のときにクラスで上位3割くらいにいた子であれば、
早い段階からきちんとテスト対策を取ることによって
中学校の1学期にクラス上位1割には入れるのではないでしょうか。


中学受験をした場合、生徒のレベルは
偏差値輪切りで揃えられているはずですので
1学期の試験に向けて、どれだけ早く対策を取ることができたかで
1学期の成績は決まると思います。


英数 に関しては試験2週間前までに対策をすべて終えること。
理社国 は教科書レベルの暗記事項は穴埋め問題集などで
やはり2週間前までに済ませておくこと。


ここまでやっておけば、テスト前日には
やることが何もない状態
 になっていると思います。


何事も初めが肝心


内申があまり関係ない中高一貫校組は 英数中心 で進めてください。
レベルの高い子が集まっている状況で、全教科狙うのは無駄が多すぎます。







他の方の勉強法へのブログ村リンクはこちらから

にほんブログ村ランキング参加中!



中高一貫校であれば、6年間勝負。
1年目のつまづきは大学受験まで確実に影響します。



いつもご覧くださってありがとうございます。
更新するためのやる気につながりますので、
お手数ですが、一日一回、バナークリックのご協力お願いします。



にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する