英語例文の暗唱について

HIRAnekotower_TP_V.jpg




学習の初段階(中学レベル)では
例文は必ず暗唱するべきです。


基本的な英文一つ瞬時に浮かんでこないようであれば、
最低限のやり取りすらすることができません。
そんなレベルでは受験英語だろうが、コミュニケーション英語だろうが
全く役に立たないのはわかると思います。


ただ、高校レベルにステップアップした後は、
暗唱にウェイトを置くのではなく
良質な英文にあたり、何がSで何がVなのかの確定し、
修飾関係などを読み取ることを瞬時におこなえる能力も
養ってほしいと思います。


そうして、文章構造などを細かく読み解いた例文を、
毎日毎日耳で聞き、しつこく音読を繰り返すのです。


結局、音読ですけど…。


何度も何度も繰り返し音読することにより
結果として覚えてしまったという状態が理想ですね。
音読している英文を通して、文法や構文の学習をしていけば、
読んでるうちに頭の中で英文がどんどん類型化されていきますよ。


そうなると、あとは語彙力を身につけるだけで
初見の英文でも難なく読めるようになります。


最後に、何度も言っていますが、
中学生の教科書レベルの英文は
必ず中学生のうちに覚えておきましょう。


高校生になってから、中学生の教科書暗唱なんてやりたくないでしょ。
周りが高校生用の難しいテキストを使ってる中、
自分だけ中学教科書の暗唱するなんて耐えられますか?


中学英語をきちんとインプットできていないと、
Speaking やWriting で泣くことになると思いますよ。







他の方の勉強法へのブログ村リンクはこちらから

にほんブログ村ランキング参加中!


英文暗唱は英作文にしか役に立たないと思っていたら大きな間違い。
例文を完全にインプットできているからこそ、
同じ類型の英文を見たときに瞬時に意味が取れるようになるのです。

Listening、Speaking、Writing に、暗唱が役立つのは言うまでもないでしょう。


いつもご覧くださってありがとうございます。
更新するためのやる気につながりますので、
お手数ですが、一日一回、バナークリックのご協力お願いします。



にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する