なぜ、音読が必要か?


HIRA85_udewonaperopero-thumb-815xauto-15781.jpg



英語を英語のまま日本語を介することなく
理解することができるようになれば
英語を得意科目にすることができます。


実際にこれができている受験生っておそらく1~2%以下。
しかも大半は、幼いころから英語を学んできたか、
海外に住んでいて、英語だらけの環境にいたかのどちらかでしょう。


ただ、この能力、ずっと日本に住んでいて、
中学生から英語学習を始めたとしても身につけることはできるんです。


ポイントは 「出来る限り、日本語を排除する」 ことができるかどうか。


日本で英語を学んでいると
これが本当に難しい。


教科書を読んでいても、
頭の中で、一語一語 英単語⇒日本語の意味
と言い換えてから進んでしまうので
いつまで経っても、日本語を排除することができません。


とりあえず、このクセを無くしませんか?


ゆっくりと読み進んでいるから
一語ごとに英⇒日に変換する余裕が生まれてしまうのです。
その余裕をなくすために
英文を読むときには音声教材を使い、
それに合わせて声を出してみましょう。
何度か読んだことのある文章であれば
ネイティブスピードでも十分意味はとれるはずです。


既に中身が理解できている英文を
日本語に変換する間もないほどのスピードで
読んでいくことを毎日続けていれば
次第に、わざわざ日本語に変換していくクセはなくなっていきます。


ゆっくり時間をかけて勉強すればいいというわけではないところが
英語学習の面白いところ。


できれば、中1の学習の初段階から
こういった学習をして欲しいですね。
日本語を介さないで英文を読むことが当たり前になります。
変な癖がつく前に取り組んでほしいですね。
その後の英語力の伸びが大きく違ってきます。


英文を読むときには音読をすることによって、
日本語をどんどん排除していきましょう。
いつのまにか、英文の見方が変わってくることになると思いますよ。







他の方の勉強法へのブログ村リンクはこちらから

にほんブログ村ランキング参加中!



現在の英語レベルよりも1~2段落としたレベルの英文で
構成されている本を大量に読んでいくという学習は効果的ですよ。


できれば、音声付がいいですね。
『Enjoy Simple English Readers』 なんか
高校生にはお勧めですね。


いつもご覧くださってありがとうございます。
更新するためのやる気につながりますので、
お手数ですが、一日一回、バナークリックのご協力お願いします。




にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村









Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する