夏休みの宿題が多い時の対処法

GAK_arupakapunpun-thumb-815xauto-15499.jpg




今年の夏は息子の学校でも珍しく大量の宿題が出されています。
特に数学。どれだけ頑張っても、
1週間やそこらではとてもとても終わることはない量ですね。


まずは宿題終わらせることに全力を注いで…


な~んてことをしていると、結局宿題が終わるころには
夏休みは残り半分を切ってしまって、結局、たいしたことできなかった
ということになり兼ねません。


30日、40日という長い間、学校の授業に邪魔されずに
勉強できるところが夏休みの利点なんですよ。


こういうときは、無理に夏休みの宿題を
先に全部終えようとしない方がいいと思います。
40日あるのなら、30日ぐらいで終わるような緩いペースでスケジュールを組み
それと並行して、やりたい学習をしましょう。


宿題って復習ばかりなので
テンションが上がりにくく、ダラダラと勉強しがちなんですよ。
宿題は午前中だけとか、時間を区切って
学習するのがコツです。
一日のノルマをだいたい決めておいて、
締め切り効果も使えればベストですね。


夏休み中、部活がある人は、
時間の管理が難しいかと思いますが、
学校の行き帰りの時間を大切にしてください。
電車に片道1時間乗るのであれば、
往復2時間は大切な勉強時間。
細切れ時間をうまく使うことができれば、
一日、2~3時間の部活動はハンデにはなりません。

あとは早起きして勉強することでしょうか。
学校がないとどうしても午前中を無駄に使ってしまう人が多いので。

頑張ってくださいね。







他の方の勉強法へのブログ村リンクはこちらから

にほんブログ村ランキング参加中!



夏休みは欲張らないように。
何か1冊を完璧に仕上げましょう。
欲張ると、結局、どれもこれも中途半端になると思います。
長いようで短いのが夏休み。



いつもご覧くださってありがとうございます。
更新するためのやる気につながりますので、
お手数ですが、一日一回、バナークリックのご協力お願いします。



にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する