丸付けの仕方

HIR96_boxneko-thumb-815xauto-17122.jpg


生徒を見ていると、できない生徒ほど、
数学のノートは赤字だらけです。


わからない問題は、すべて赤ペンで解説を丸写しするだけなので
必然的に計算問題以外のページは真っ赤っか。


正解ならば、丸を付け、
間違っていたら、解答丸写し。



学校で、間違った問題は必ず直すように!という指導を受け、
赤ペンで解答を書き写すことこそが直したことになるのだと
思い込んでしまっているのでしょうね。


残念ですが、こんなやり方では、いっこうに出来るようにはなりません。


間違えていたのであれば、
解説と見比べてどこを間違えたのか
一行ずつ細かくチェックをして
間違えた原因を探ります。


そのうえで、理解できたあとでもう一度解きなおし。
理解できなければ、さらに詳しく調べるか
学校や塾の先生に聞いたうえで、解きなおします。


赤ペンなんて、問題番号のところに
○×△の印を入れるだけで終わりです。


○  悩まずできた
×  できなかった
△  できたけど時間がかかった。もしくはまぐれでできた。



×と△だけ短いスパンで何度か解きなおして、
全てが○になるまで繰り返してください。


次に同じような問題が出てきたときに
きちんと解けるようになって初めて
勉強したと言えるのですよ
効果の薄い勉強はやめましょう。


まあ、中には、何もかもわからないから、
「考えるだけ時間の無駄。とっとと解答を丸写ししてしまおう!」
という子もいるのはわかりますが、
そういう子の場合、それ以前の段階でつまづいてるケースが大半ですね。
勇気をもって、わかるところまで戻って学習してください。


わからないところを放置したまま先に進んでも
わからないところが雪だるま式に増えていくだけですよ。






他の方の勉強法へのブログ村リンクはこちらから

にほんブログ村ランキング参加中!



問題集に全く何の印もつけてない人、よく見かけますが、
そんなやり方では、いつまで経っても1冊が仕上がりませんよ。



いつもご覧くださってありがとうございます。
更新するためのやる気につながりますので、
お手数ですが、一日一回、バナークリックのご協力お願いします。



にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Comment

  • 2017/08/21 (Mon) 21:37
    京都の中学2 #- - URL
    英熟語

    いつも回答ありがとうございます。

    子供には英文の音読を通して、英単語を覚えさせるつもりです。duo・例文で覚える英単語 は一例文を覚えると5個くらい単語を覚えるので良いと思います。
    英熟語はどんな感じで考えてられてますか?
    熟語の教材は余り使ってられませんが、考えをよろしければ教えてください。


    例文で覚えるにも熟語はありますが、熟語用の教材と比べたら少ないように感じます。

  • 2017/08/23 (Wed) 11:05
    karano38 #- - URL
    Re: 英熟語

    英熟語って大きく分けて二つに分かれると思います。

    一つは、前置詞それ自体の持つイメージをきちんと掴んでいれば、動詞の意味との組み合わせで意味が類推できるもの。

    そして、もう一つは、中学生レベルでは意味の類推が全くできないもの。(しかしこれも、ネイティブなら意味が類推できている)

    前者については、まずは前置詞の持つイメージをきちんと掴み取りましょう。
    大西泰斗先生の書籍にはこのあたりのことがよく書かれています。うちの子には中1の頃、『ハートで感じる英文法 』のDVDを何度か見せました。前置詞の持つイメージをつかむにはかなりいいですよ。

    ある程度、イメージが持てるようになったら、他の大西先生の書籍『一億人の英文法』等にあたるか、今年の4月に発売された『DUO element』などで、前置詞の持つイメージというのを広げていただければと思います。(うちの子はまだ使っていませんが…)

    後者についてはテキストに出ているものだけで、中学レベルであれば十分なのではないでしょうか。

    私は基本的にリスト形式で、「shutup 黙る / on board 乗船して」のように、英熟語―日本語と一対一対応で覚えさせることが好きではありません。出来る限り日本語は排除し、英語の持つイメージを大事にしたいと常々思っており、息子には英単語だけでなく、英熟語も例文暗唱をこなしたり、何度も英文を読み込むことによって掴んでもらうことを主としています。

    ただ、うちの塾の生徒となると、大半が公立中で内申3以下の生徒で占められていますので、日本語を排除した英語学習というのは非常に難しく、オリジナルの穴埋め式プリント教材で問題形式にして、熟語や英文表現を覚えてもらっています。ただ、この場合も、一対一対応で覚えさせるのではなく、例文形式が基本です。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する