英数は中1が一番大事(英語編)


PAK85_samuisamuirisu1335-thumb-815xauto-16446.jpg


中1生は中学生になり、半年経ちました。
偏差値輪切りでそれぞれのレベルにあった中学に入学したにもかかわらず、
クラス内でも差がじわじわと広がってきていると思うのですが、いかがでしょうか。


某大手塾で1000人以上のサンプルを取った調査の結果ですが、
中1末の成績が、中3の終わりまで続く確率は7割以上とのこと。
つまり、中1のときに出来なかった生徒は
3割以下の確率でしか逆転できないということです。


中高一貫校の場合、6年間勝負で、授業進度も速かったりしますから
一度出遅れてしまうと、逆転はさらに難しくなりますね。
特に、積み重ねの科目である英数は逆転が本当に難しい。


中1の段階では、最低限、教科書に載っている英単語に関しては
確実に覚えるようにしてください。これは絶対です。
文法学習ばかり進めて、メンドクサイ暗記を後回しにしようとする子がいるのですが、
それではこの先、絶対に行き詰まります。
言葉は知らないのに、文法だけは知ってるとか本末転倒。


英語が嫌いで、数学の勉強ばかりしている子も同じです。
英語は覚える学習(正確には、身につける学習)が大半なので、
暗記をメンドクサがる子は数学に流れやすいですね。
特に、中学受験組は算数が得意だった子が多いので
数学に逃げる傾向は強いようです。(特に男子!)


中1英語は、わかるわからないの話ではありません。
覚えたか、覚えてないか。ただそれだけの話。
サボった子は点数が取れませんし、
きちんとやった子は点数がついてくる。


英単語は心配いらないよというのであれば、
音読を繰り返して、英文暗唱まで進めてください。
英文をどれだけ覚えたかは後で大きく響いてきます。


英単語が覚えられない!!


とボヤいてる子をよく見るのですが、
覚えられないと言っている原因のほぼ100%は反復不足。
一度や二度やったくらいで覚えられるわけがありません。


私と息子が現在取り組んでいるアプリ『Lingvist』のデータなのですが、
何度も間違えて、復習回数の多い単語はもう15回以上繰り返してます。
『Lingvist』を始めてまだ2週間ですが、2週間で15回以上です。
これくらい繰り返さないと覚えられない単語も中にはあるのです。


ちょっとやったぐらいで覚えられないのは当たり前
という意識は常に持ちましょう。
覚えられないのは当たり前だからこそ、何回でも繰り返そうと思えるもの。
ここのところが分かってないと、「自分は記憶力がないからダメなんだ」
繰り返す前に勉強をあきらめてしまいます。


大学受験は英語で決まりますが、
どれだけきちんと積み重ねてきたかが
如実に反映される科目ですので
努力を正当に評価しやすいのでしょう。


大学入試をする以上、英語から逃げる という選択肢はありません。
とにかく、繰り返す努力を怠らないでください。
努力を怠らなければ、必ず英語はできるようになります。


中学スタートだからと言って、
小学生のうちから英語を学んできている人に敵わないなんてことは全くありません。
小学生の間、週1,2回お遊び程度で英会話教室に通ってたなんてレベルでは
ゼロスタートも同然ですので、
そんなこと気にせずとにかくどんどん覚えていけば
そんな子たちを追いつき追い越すことなんて余裕ですよ。




他の方の勉強法へのブログ村リンクはこちらから

にほんブログ村ランキング参加中!



英語は繰り返すシステムを作れるかどうかがポイントですね。
行き当たりばったりの計画性のない学習をしていたら
効率よく勉強することなんてできません。


完全に覚えられたものは復習回数を極端に減らし、
ある程度覚えられているものは、完全に覚えられるまで定期的に繰り返し、
全く覚えられていないものは、間隔を開けず、絶えず繰り返す
これがきちんとできれば、英語は心配いらないのですが…。



いつもご覧くださってありがとうございます。
更新するためのやる気につながりますので、
お手数ですが、一日一回、バナークリックのご協力お願いします。



にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Comment

  • 2017/10/04 (Wed) 18:30
    ピソピソ #- - URL
    Lingvist

    お久しぶりにコメント致します。

    相変わらず参考になることが多いですね。
    このブログでLingvistを私もはじめました。

    1週間ほど、毎日100を継続してますが、いい具合に復習が挟まれてますねぇ。

    油断してるとやはり忘れているもので、繰り返しの大事さが、よくわかります。

    他にも、綴りを書く事(うつこと)が大人になると少ないですので、違う頭を使う気が、しますね。

    電車の中でひっそりと音読しながら通勤するのが最近の日課になってます。

    ドンドン続けて、5000が終われば、TOEIC編も購入しようかと考えてます。

    いやぁ、本当に良いアプリです!
    しかし、継続は力なりなので、しっかりと毎日100やって行こうと思います。

  • 2017/10/04 (Wed) 19:41
    karano38 #- - URL
    Re: Lingvist

    ピソピソさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。

    Lingvistいいですよね。私もこの手のアプリでこんなに続いているのは初めてで、結構はまってます。

    この単語、こんな使われ方するのか~。という発見も多く、また、読めると書けるは違うなと毎回実感させられています。

    5000語終了後、大人はTOEICコース、学生はTOEFLコースですね。

  • 2017/10/16 (Mon) 18:41
    #- - URL
    No title

    はじめまして。
    こんな役に立つ人がいたのかと思って見ていたら思わずコメントしてしまいました。

    中一の東京の私立H中学の息子はネットが一学期は大好きで中毒のようになっていましたが、使っていたサイトで大変なことが起こったらしくネットを殆ど使わなくなりました。

    二学期から全力で勉強に取り組んでいますが今から取り組んでも十分大学受験は大丈夫でしょうか?
    息子は英語については英語はもうペラペラで中には中一に英検1級をとった先輩たちやアメリカ・アイルランド留学の経験がある英語の先生に「英検は感覚にしていけ」「文法は理論的にやるもんじゃない」とアドバイスしてもらえるような恵まれた環境なんです。
    ここで、親としてはどういうサポートをしていけばいいのでしょうか?息子は復習もニュートレジャーの暗唱もしっかりとやっていますが。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する