基本は100%できて当たり前


HIRA85_oteirecyuunikocchimiru-thumb-815xauto-17378.jpg


基本事項が頭に入っていない段階で
いくら時間を使って考えても無駄です。

数学であれば、基本公式が身についていないのに
公式を使わなければいけない問題を解こうとしても無駄ですし、
英語であれば、ほとんど英単語を覚えていない状態で
どれだけ時間をかけて英文を読んだところで
まったくの無駄だということです。
時間をかけて考えたところでどうにかなる次元ではありません。

中学レベルであれば、教科書に載ってることはすべて基本事項です。
教科書レベルの知識が身についていないようであれば
とにかく詰め込んでください。

数学であれば、最初は理解できるまでひたすら教科書を読む。
理解できたと思ったら、すぐに自力で同じ問題を解いてみる。
そして、しばらくは何度も解きなおし、問題を見た瞬間に
答えまでの道筋をスラスラと条件反射的に説明できるようになるまで
常識化してください。

英語であれば、音声を聞いた瞬間に、英文の内容を細かく理解できるまで、
できれば、和訳を見ただけで教科書英文のすべてがスラスラと
頭に浮かんでくるまで常識化しましょう。

基礎が揺らいでいる状態で、いくら応用的能力を養おうとしても無駄です。
基礎は100%できて当たり前なのです。
基礎が不完全な状態で、応用問題に取り組むのは
本末転倒だということを肝に銘じてください。

学習内容は「基本事項」「応用事項」に分ける

「基本事項」は何十回と繰り返し、常識化する。
この段階で無駄に思考力を使うべきではない。
わからなければさっさと解説を見ればいい。
聞かれたら反射的に言える状態まで繰り返すこと。

「応用事項」は常識化した基本事項をもとに、
時間をかけて問題に挑むことで、思考力を養う。


どこからが応用問題なのかですが、
公立中の生徒であれば、高校受験過去問レベルからですね。
少なくとも、学校で配られるような準拠問題集は
基礎レベルとなります。

高校受験をするのであれば、なるべく早い段階で
中学単元の学習を終えてください。

特に数学は二次関数、相似、円まで終えない限り
解けない問題が多くなりますので、
応用段階に進むことができません。
最近は複数単元をまたいだ出題がよく見られるようになってきましたので
単元ごとにいくら応用力を磨こうとしても限界がありますし、
また、そういう勉強のやり方ですと、
基本がおろそかになりがちですね。


基本は徹底的に!


応用問題が解けないのは基本が常識化していないからですよ。
もちろん、基本だけですべての問題が解けるわけではないでしょうが、
それは合否には関係のない問題です。





他の方の勉強法へのブログ村リンクはこちらから

にほんブログ村ランキング参加中!



中高一貫校で体系数学を使っているのであれば、
教科書+体系問題集の■問題は基礎になりますね。
NewTreasureであれば、ダイアログ本文とKeyPointsはスラスラいえるレベルにまで。
そのレベルであれば、文法問題集はほとんど間違えることはないと思いますが、
やはりすらすらと全問正解できるレベルにまで磨き上げてください。




いつもご覧くださってありがとうございます。
更新するためのやる気につながりますので、
お手数ですが、一日一回、バナークリックのご協力お願いします。



にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Comment

  • 2018/06/02 (Sat) 09:52
    タツノオトシゴ #- - URL
    しんどいです

    はじめまして。
    中学1年生の母です。
    中間テストが返ってきて、衝撃の点数に焦りを感じ勉強法を検索する中で、こちらのブログにたどり着きました。
    ほとんど愚痴になりますが、吐き出し口がないので失礼ですが投稿させていただきました。
    子供は系列の小学校からそのまま中高一貫校に内部進学しました。
    もちろん内部テストはありましたが、受験はなく進学塾にも通ったことがありません。
    特殊算なども親塾で何とかこなし二人三脚で進んできました。
    中学に入学する際、受験を突破してきたお子さんと肩を並べるのだから、と気合を入れて入学前から英数と春期講習に通い出しました。
    本当は、中学校の先取り学習をどんどん進めていくつもりでしたが、学校からの課題や慣れない塾の宿題に追われて入学式を迎えてしまいました。
    入学後は塾に行っていることへの安心感から、すっかり子供の勉強を静観していました。
    幸いにもニュートレジャーの音読はしていて、英語のテストは比較的良かったです。
    今回の中間テストは全教科平均位は取れるだろうとたかをくくっていましたが、数学で衝撃の点数を持って帰ってきました。
    すぐに中間テストを分析し、どんな勉強が必要かは何となく掴めたので、今後は親も介入していこうと思っています。先日の数学の追試では90点越えたので手ごたえは感じています。
    しかし、必要だと思うことをこなす時間がないのです。
    塾は、数学に関しては無駄だと判断し辞めました。(英語は授業がわかりやすいようなので続けています)
    それでも通学や部活や宿題で時間が取れず、睡眠時間を削っているのでフラフラです。
    このような生活を長く続けることは不可能に思います。
    どうしたらいいのか悩んでいます。







  • 2018/06/02 (Sat) 12:23
    karano38 #- - URL
    Re: しんどいです

    中学数学は勉強時間さえ確保できるのであれば
    学習障害でもない限り、誰でもできるようになるものです。

    中1の1学期で学ぶところは基本計算のルールだけです。
    その段階で衝撃の点数ということは
    計算の正確性に問題があるのでしょう。

    わかってるつもりなのに点数が取れないという状態であれば
    本人は気づいていないのですが、
    間違ったルールで計算を進めているのが原因と思われます。

    こういう場合は、集団ではなく、個別にみてもらった方がいいですよ。
    集団だと本人が自分で気づかない限りそのままです。
    プロの先生であれば、1,2回の指導でその子の計算の
    おかしいところを指摘し、修正してくれるはずです。
    バイトの先生だと当たり外れありますが…。

    生活に関してですが、睡眠時間や体力は人それぞれです。
    今の生活がきついのであれば、部活に比重を置くのか、
    勉強に比重を置くのか決めないといけないのだと思います。
    誰もが部活と勉強の両立ができるというわけではないですよ。
    私の塾でも部活をやめたら成績が上がったという子は多いですね。

  • 2018/06/02 (Sat) 14:32
    タツノオトシゴ #- - URL
    ありがとうございます

    アドバイスありがとうございます。

    数学は個別で見てもらった方が良さそうですね。

    計算のルールが間違っているというのは考えていませんでした。

    部活についても本人と話し合ってみます。





  • 2018/06/02 (Sat) 19:58
    karano38 #- - URL
    Re: ありがとうございます

    たとえ、計算のやり方があっているのだとしても計算ミスがあるということは計算ミスを誘発するような計算のやり方をしているということです。

    計算ミスはなくて当たり前だと思ってください。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する